活動報告

両丹日日新聞社に掲載:2017年9月14日

丹鉄体験型自由研究でのレポート作成・掲載において両丹日日新聞社の方で、記事に取り上げて頂きました。

子どもたちが作成したレポートを丹後鉄道のホームページで掲載しているので、是非どんな体験だったのかを子どもたちのレポートを読んでみて感じてみてください‼

 

下のボタンから掲載されているページへ飛びますので興味のある方は

⇩クリックしてみてね!


丹鉄体験型自由研究:2017年7月29日

2017年7月29日に丹後の体験型自由研究を行いました。対象は小学生3~6年生までを対象とし各学年が男女問わず楽しめる企画でした。このイベント講座ではただ体験するだけではなく、体験した内容や自分が感じたこと発見した内容をレポートにまとめて自由研究を作成するまでがこのイベント講座となっています。なぜここまでするのかにはちゃんと理由があります。子どもたちが体験を通してレポートにまとめることで、発見や学びを感じてほしいからです。体験したことから、色んな事に興味をもち、その興味をもった内容を自分で調べることで、新たな発見や学びを構築することが大切なんです。また当教室が目的としていた「世の中を正しく読む力」を身につけてほしいと言う思いも込めています。「世の中を正しく読む力」を身に付けることで、学校での試験問題やコミュニケーション能力にも役立てるなどの力になります。今回このイベント企画も体験やレポートをまとめることから、発見や学び、そして世の中を正しく読む力を身に付けて将来への成長に繋がるキッカケ作りにしてほしいという思いを持ちながらイベント企画を行いました。

福知山運転所内 集合写真
福知山運転所内 集合写真

手芸体験会を実施:2017年4月22日

今回社団法人とコラボをして手芸教室を行いました。教室の内容としては、着物生地を使って、がま口財布や猫の形をしたクリップを作るという内容でした。この企画を通じて新たに自分の趣味を見つけたり、コミュニケーションを広げたり、色んな方々との交流を深めたりなど普段体験できないようなことをして頂くことで参加して頂いた方の「楽しみ」を作るキッカケの場になればと思い今回実施させて頂きました。私たちもがま口を作りましたが、上手く作れず何度も手伝って頂きました...笑 ちなみに私たちが作成して出来上がった作品は右の写真です。※ がま口と猫のクリップのみです。

猫クリップとがま口財布(教室スタッフ作成)
猫クリップとがま口財布(教室スタッフ作成)

スマホを持ってお出かけ♪2017年4月3日

みなさん、この写真を見てどこだかお分かりでしょうか? なんと巨人の手の中にいる!?食べられちゃう!? なんて思う方も多いかもしれません。でも安心してください!これはアトラクションのひとつです。実はこの写真はユニバーサル・スタジオ・ジャパン(通称:USJ)に行った写真なのです。すごく迫力のある写真ですが、なんとこれスマートフォンで撮っているんです。しかも教室に通われている方が撮った写真です。 実はこの企画、生徒さんからの提案で行くことになったのです。ある日スマートフォン教室に通っている生徒さんと雑談中にふとテーマパークの話で盛り上がり、「今の若い子はUSJ?って言うところに行ってるんやね~」とお話しされておりました。その時授業の内容がカメラの操作をしている時間で、「機会があれば一度行ってみたい」と言ったのがこの企画の始まりでした。実際に行ってみると初めて見るものばかりで帰るときには、スマートフォンの写真のデータがたくさん溜まっている状態でした。”今回は行けてよかった”,”自分の年代だと一人で行くことがないので、参加出来てよかった”などのお声を頂き、こちらも企画を通して生徒さんとの交流ができてよかったです。

USJ内の進撃の巨人の前で撮影
USJ内の進撃の巨人の前で撮影

スマートフォンを学ぼうin福知山交流会

福知山市駅前町の市民交流交流プラザで1月28日にスマートフォンの魅力を知って頂くために、講座を開催しました。対象はシニア層の初心者を中心に約70人の方が受講し、多様な活用方法を学んで頂いた。講座は1部・2部に分けて行いました。1部はスマホの魅力と使い方を実演を交えて紹介。スマホで使えるカーナビや電卓、カメラ、ビデオ、万歩計、インターネット検索などパソコンを使ったスライドやスマートフォンの画面をスクリーンに映しながら実際に操作して行いました。2部は福知山公立大学准教授に来ていただき、「災害、緊急時のために市民一人ひとりができること、すべきこと」をテーマに講演していただきました。災害時に備えて、日ごろからつながりを深めることが大事で、その一つとしてスマートフォンが人間交際のツールになる。と話をして頂きました。

交流会の様子
交流会の様子

Facebook